【3月31日11時頃の夕張駅→鹿ノ谷駅へ】石勝線夕張支線最終日物語⑭

広告
広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

広告
広告

【千歳線733系普通列車+特急スーパーとかちで札幌→新夕張へ送り込み】石勝線夕張支線最終日物語①

【3月30日の新夕張駅の様子を見る】石勝線夕張支線最終日物語②

【3月30日9267D新夕張→夕張/車窓写真撮りまくり!】石勝線夕張支線最終日物語③

【3月30日9268D夕張→新夕張/持参した”あるもの”が?】石勝線夕張支線最終日物語④

【3月30日9271D新夕張→南清水沢/正午前の新夕張駅に”特急無課金組”が大集合?!/南清水沢駅から見えてきた人間模様と幕を閉じる時】石勝線夕張支線最終日物語⑤

【夕張市拠点複合施設→夕鉄バス本社ターミナル前→夕張市図書室】石勝線夕張支線最終日物語⑥

【「閉店準備」が出来た鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑦

【3月30日/9274D鹿ノ谷→沼ノ沢】石勝線夕張支線最終日物語⑧

【3月30日9275D沼ノ沢→清水沢/幸せな駅夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑨

【3月31日朝の夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑩

【3月31日9266D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑪

【3月31日朝の新夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑫

【3月31日9267D新夕張→夕張/急きょルールを変更】石勝線夕張支線最終日物語⑬

【日時】2019年3月31日(日)の10:40頃~12:10頃

【場所】夕張駅(Y25)の様子を見て、徒歩で鹿ノ谷駅(Y24)へ

★関係者による準備が進められる11:01発9268D発車前後の夕張駅

10:41着(ダイヤ上は10:36)の9267Dから夕張駅の外側へ。折り返しとなる11:01発の9268D乗車希望者が既に並ぶ。これには乗らずに夕張市内を歩く事にした。

↑9268Dに乗車するための行列。ざっと100人以上は並んでいる。

↑「ありがとう夕張線」と書いた目立つクルマ。

↑レースイリゾート前の物販会場は買い求めるお客で混雑。

↑ホームでは9268Dに乗車するお客が続々と車内に進んでいた。

↑ホームの新夕張方の端は13:30以降式典のため関係者以外立入禁止に。既に準備が整っていた。

↑こんな案内も。19:28発9278Dは多客で乗車出来ない可能性があるため、「乗車制限を行う」と言うもの。18:00からレースイリゾート前(夕張駅前のホテル)に並ぶようにとの事。先着400名限定なので当然早い者勝ちであるが、実際の所13時頃から並んでいる”猛者”がやはり居た。

↑9268Dとして発車を待つキハ40-1763。この列車も積み残しが発生するほどの混雑にはなっていないようだ。

↑11:01に9268Dは発車。これを見送る。キハ40-1763が停車する部分はかなりの人で、すでに陣取られていたので、比較的少ないキハ40-1780が止まる辺りから撮影した。列車が発車すると人は減って、さすがに次発12:20発9270Dを待つ人も居ない。これが三江線ならば1本見送ってでも待っている人が何人も居たので、同じ廃線となる最終日当日でもまるで状況は異なる。

レースイリゾート前にはテントがあった。ここでは14時頃からJR北海道主催による「お別れ式典」が執り行われるが、既に関係者による打ち合わせや準備が始まっていた。まだ3時間あるので、さすがに島田社長はまだ登場していない。

テレビの取材関係者が本当に多く、NHKをはじめ、HBC(北海道放送)やHTB(北海道テレビ)の姿が見られた。「この人どこかで見た事あるような?鉄道ファンと聴いているが?」と思って見ていたら「HTB」と書いた腕章。名前が出て来なかったので後程調べてみると、同局の依田英将アナウンサーであった。趣味は「鉄道」とのことで、各所で精力的に取材されていた。

↑お客が誰も居なくなったホーム。一瞬の静けさが戻る。これが本来の夕張駅だ。JR北海道の保線・施設関係者がホーム出て、駅名表等の看板に異常がないか?線路に降りて線路に異常がないか?など細部にわたり入念にチェックしている。最後の最後まで気を緩ませる事は出来ない。事故に直結するからだ。この人たちの努力やチェックがあって安全が守られ、鉄道が動いている事を忘れてはいけない。

★夕張駅~鹿ノ谷駅を歩く

↑夕張駅すぐ先にある踏切。遮断機・警報器あり。普通の踏切の形を保っているが、最終列車通過後は撤去が行われる。こういう「普通の形」も今のうちに記録として残しておかねば。

↑歩道や道路は除雪されているが、前後は「雪の壁」。同業者(主に撮影目的)のクルマが多数路駐している。

↑「末広恵団地」。建物自体は新しい。住んでいる人はまだ少ないようだ。夕張市は夕張・鹿ノ谷駅周辺、清水沢・南清水沢駅周辺、新夕張駅周辺に市民の移住を進め、「コンパクトシティー化」を目指している。行政コストの削減や住民サービス向上が目的であるが、戸建てを1つずつ作る余裕がない事やそれは住民の負担になるため、住居は市が用意する格好らしい。パッと見これは団地ではなく、学校に見えてしまったが・・・。

↑これも踏切。踏切の先は道道38号線。その名も「ファッション踏切」と称する。夕張の最先端ファッション(衣服とは限らず、文化や社会や経済面も含めて)を取り入れた地域の入口・・・とも思った。確かに道道沿いを含めてスーパー、電気屋、レンタルビデオ屋、土産物店等があるので、利便は良い。この「ファッション踏切」近くは撮影場所ともしても最適な構図が得られる場所で、「雪山」に登ってカメラを持つ同業者も。これをやるにはそれなりの雪の知識や雪道を歩く技術が求められる。私のような暖地に住むような者はとても真似できない。

↑夕張支線は複線だった時代があり、遺構が多数残っている。鹿ノ谷駅近くの鉄橋もその一つ。今は単線分しか使っていない。築100年以上経過する建築物で、維持管理が大変になっていた。それでもなんとか補修を繰り返して現役使用していたが、北海道にはこの手の建築物が山のように残っており、収益が悪い所に集中しているのでJR北海道にとっては頭の痛い話になっている。

★最終日正午前の鹿ノ谷駅

↑鹿ノ谷駅に到着。11:45頃である。駅舎内のベンチに座り少し休憩する。同業者が頻繁に出たり入ったりを繰り返す。駅前には相変わらず路駐のクルマが多い。警備員も様子を見守る。

↑鹿ノ谷駅を見る事が出来る跨線橋には、12:05発9269D夕張行きを撮影するために、既に40~50人程度が待っている。

このあとは夕張駅に戻る事にしていたが、徒歩で戻るのがしんどかったので、9269Dで1駅だけ乗る事にした。

続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。