【3月31日朝の新夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑫

広告
広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

広告
広告

【千歳線733系普通列車+特急スーパーとかちで札幌→新夕張へ送り込み】石勝線夕張支線最終日物語①

【3月30日の新夕張駅の様子を見る】石勝線夕張支線最終日物語②

【3月30日9267D新夕張→夕張/車窓写真撮りまくり!】石勝線夕張支線最終日物語③

【3月30日9268D夕張→新夕張/持参した”あるもの”が?】石勝線夕張支線最終日物語④

【3月30日9271D新夕張→南清水沢/正午前の新夕張駅に”特急無課金組”が大集合?!/南清水沢駅から見えてきた人間模様と幕を閉じる時】石勝線夕張支線最終日物語⑤

【夕張市拠点複合施設→夕鉄バス本社ターミナル前→夕張市図書室】石勝線夕張支線最終日物語⑥

【「閉店準備」が出来た鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑦

【3月30日/9274D鹿ノ谷→沼ノ沢】石勝線夕張支線最終日物語⑧

【3月30日9275D沼ノ沢→清水沢/幸せな駅夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑨

【3月31日朝の夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑩

【3月31日9266D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑪

【日時】2019年3月31日(日)

【場所】新夕張駅(Y20)

★記念きっぷを求める長い行列が出来ていた朝の新夕張駅

新夕張駅の様子を見る。折り返しの夕張行き9267D発車までは約1時間あるので、ホームと改札外の両方をじっくりと見ておく。

↑車両は前日(3月30日)と同じで、新夕張方からキハ40-1763(JR北海道標準色)+キハ40-1780(北海道の恵み道央編)+キハ40-354(日高本線用)の3両である。9266Dとしてお客を降ろして車内の点検と清掃を行う。発車直前まで乗車する事は出来ない。

同業者(鉄道ファン)がいろんな所から撮影している。線路に落ちるのではないか?と言うくらいの所から撮影する者も居る。この構図から基本的には「商品価値」は0円に等しく、鉄道雑誌等に投稿したとしても「適切な場所から撮影していない」と判断されて、掲載見送りとなる。ネット上で自分から出す分には自由に掲載できるが、見ている人から「適切な場所から撮影していない」と指摘されて”批判合戦”となるのは目に見えている。撮影したとしても、世間には公開せずに単にコレクションにするのであろう。私が思うには、それは「もったいない」事で写真等で著しているのであれば世間に積極的に公開するべきである。

↑改札口付近と待合室の様子。ご覧のとおり多くの人が居る。待合室の人は夕張から9266Dに乗り、休憩のため待合室に入り、折り返しの9267Dに乗る人ばかりであった。

マルス端末がある有人きっぷ売り場は1台しかなく、普段ならばそれで十分なのであるが、夕張支線最終日はさすがに普段とは違う。すでに15人以上が並んでいる。記念きっぷ購入がほとんどのようで、この後の特急乗車できっぷを購入していないお客は、車内で車掌から求めるように案内が出ていた。

夕張支線のみの乗車券は券売機や改札前の特設売り場でも販売。特設売り場にも10人近くが並ぶ。

↑駅舎の前は至って普段通り。特にイベント等が開催される事もなかった。人通りは普段よりは少し多い程度。

新夕張駅近くにある「道の駅夕張メロード」は10時からの営業なので、建物の中に入る事が出来ない。道の駅の営業時刻=同居するAコープ(スーパー)の営業時刻も同じである。ここにはクルマや同業者がパラパラと居る程度。

↑近くの神社は除雪されていない。入るだけでも大変なので、入口だけ写真撮影して終わりにしておく。

↑新夕張駅近くの国道452・274号線の様子。特に交通量が多いわけでもなく、やはり「至って普段通り」の様子。賑わっているのは駅だけで、あちらこちらに移動する人が居る、「今日が夕張支線最終日」と話すに人が居ないのが三江線最終日との違いであった。

9267Dに確実に乗車出来るようにするために(着席可能な有無は問わない)9:30には改札を通過。「北海道&東日本パス」を改札氏に見せると、「いってらっしゃい」と言う言葉が返ってきた。

続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。