【3月30日9267D新夕張→夕張/車窓写真撮りまくり!】石勝線夕張支線最終日物語③

広告
広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

広告
広告

【千歳線733系普通列車+特急スーパーとかちで札幌→新夕張へ送り込み】石勝線夕張支線最終日物語①

【3月30日の新夕張駅の様子を見る】石勝線夕張支線最終日物語②

【乗車日】2019年3月30日(土)

【列車番号】9267D(夕張行き)

【時刻】新夕張(K20)10:07→夕張(Y25)10:36

【車両】(先頭から)キハ40-354+キハ40-1780+キハ40-1763

★”レジェンド横見浩彦”がやっぱり登場!新夕張10:07発9267D夕張行きでは、車窓写真を撮りまくり!最後の夕張支線の車窓から見える表情とは?

↑再び新夕張駅の改札の中に戻る。改札口は常時開放されており、同業者(鉄道ファン)が次々に通り過ぎる。改札に居た担当者に「北海道&東日本パス」を見せると、「いってらっしゃい」と返ってきた。

↑新夕張駅の4番のりばには、雪が大量に残っていた。ホームはほとんどが除雪されていたが、一部雪が残っている状況だ。

↑近い所から夕張行きでは後ろになる、キハ40-1763とヘッドマークを撮影。車両の運用を考えると至って単純な事がわかる。この車両が終日夕張支線を往復する事になる。

具体的には、早朝に苫小牧発~室蘭本線~追分~石勝線~新夕張と回送。新夕張6:30発9263Dから夕張支線を終日往復。最後は夕張19:28発の9278Dは追分(K15)まで営業運転。追分から先は室蘭本線経由で苫小牧まで回送・・・と言う運用であった。そのため、どの列車に乗っても全く同じ車両がやってきたのであった。

9:39には札幌行き特急の「スーパーおおぞら2号」が来て、多少の同業者を降ろす。主に夕張への入り込みは札幌方面からが圧倒的に多い。昨年夕張支線に乗った時にも乗ったキハ40-1780の「北海道の恵み(道央編)」に乗りたかったため、この列に並ぶ。先客はせいぜい7~8人程度。三江線の時と比べると全然少ない。9:45頃予定より多少早くドアが開いて乗車。

↑着席は意外と容易であった。進行方向右側のボックス席に着席する事を定めて、希望通り着席出来た。その間に簡単に車内の写真を撮影しておく。見た限りは同業者ばかりで、3月30日の9267Dに関しては地元のお客は少ない。すると、よく見ると”どこかで見たことがある有名人”が居る事に気付いた!やっぱりいました!”レジェンド横見浩彦”!

横見氏は昨年三江線が廃止になった時にも、私と同じように廃止になる数日前から現地に入って、廃止となる駅を多数訪問し、廃止となる区間の列車に繰り返し乗っていたのだ。今回も三江線と同じように何回も夕張支線を往復し、廃止となる駅(沼ノ沢、南清水沢、清水沢、鹿ノ谷、夕張)にも訪問したようだ。

今回の石勝線夕張支線は廃止区間が短い。16km程度である。三江線が108kmだったのでこれに比べれば、列車本数も多いし、全区間乗っても30分足らずだし、廃止駅も5駅だけで、しかも並行する路線バスを使えば訪問自体も容易だ。廃線となる日、その前の日の「廃線直前の楽しみ方」を自宅出発前に「情勢分析会」と称して細々と考えてしまうが、今回はノープラン(無計画)とした。細々と計画を立てなくても、容易に訪問出来る駅が多く、列車本数も多いためだ。そのため、9267Dに乗ったは良いが夕張到着後どうするのか?この時点では全くの未定。とりあえず最終日前日は「廃止5駅は必ず訪問する」と言う事だけ決めていた。

↑10:01に札幌からの釧路行き特急「スーパーおおぞら3号」が到着。自由席の6・7号車から大量にお客が下車。恐らく80~100人近くが9267Dに乗り換えた。「スーパーおおぞら3号」が着くまでは、「空席がめだつ(9:57、三江のときはありえない)」とメモしていた。各ボックスで2人程度しかお客がいなかった。それが「スーパーおおぞら3号」が着いてからは空席分を一気に埋めて座席は全て満席。それでも立ちとなったお客は10人程度に留まる。三江線のように「積み残し」は発生する事もなかった。

9267Dをはじめ、石勝線夕張支線の残り3日間(3月29日~3月31日)は全列車車掌が乗務。ドア扱い+放送扱いの車掌と、きっぷ販売の車掌が乗務。運転士も2人乗務しそのうち1人は運転席の横に立って安全を確保する特別扱い。しかし、車掌が乗務するからと言って全てのドアが開くわけではない。沼ノ沢、南清水沢、清水沢、鹿ノ谷の4駅については通常時(ワンマン運転)と同じく、「先頭車両の一番前のドアのみ開く」運用であった。

これは留萌本線(留萌~増毛)が廃止になる直前も列車は2~3両程度あったが、途中駅でドアが開いたのはそこだけと言うのと同じ扱いであった。石勝線夕張支線は留萌本線廃止区間とは異なり、ホームの長さが1両に満たない「板切れ駅」は存在しないが、私としては「車掌が乗務しているのであれば、全てのドアを開けてしまって良いのでは?」と思った。この取り扱いで後で急きょ変更されることになる。

↑新夕張を発車。石勝線の新得方面への本線と左分岐。一気に雪の量も増えてきた。

↑いつの間にか車窓は雪しか見えなくなった。

↑沼ノ沢(Y21)に到着。前述のとおり「先頭車両の一番前のドア」からでないと乗り降りできないため、それを知らないお客が多くて、慌てて下車する人が多い。仕組みとしては下車客が全員下車しないと、乗車客は乗車出来ないので10:12~10:14まで止まる。

↑沼ノ沢~清水沢。引き続き”厚い雪の壁”が続く。所々に同業者がカメラを構えて夕張支線の列車を撮影する。雪の中に入ってカメラをかまえる同業者も居るため、雪とは全く無縁の所から来た者に言わせると、とてもでないが怖くて雪の中に入った所から撮影すると言う事はありえない。それは雪の知識や雪道を歩く技術があるからこそ出来る撮影構図で、恐らく道内各地から来たのであろう。

↑南清水沢駅の前で、突如として広いスペースが現れた。重機を投入し工事中。これがウワサの「夕張市複合交流施設」なのだ。詳細は別の回に譲るが、夕張支線廃止後にここに市民が集える夕張市主体となって設置する公共施設を設置。ここに夕張支線廃止代替バスも乗り入れて、他線との乗り換えも出来るようにする。まさに「夕張再生の目玉施設」なのだ。

↑南清水沢(Y22)に到着。ここもホームは反対側。やはり慌てて前の車両に移動して下車する同業者が多かったため、10:20発。所定時刻が10:17発なので、3分遅れで発車。

車掌が車内に現れて乗車券の販売を行う。逆に言えばそれが出来るほど「余裕」がある証拠だ。三江線の時は満足に車掌が車内巡回できなかったので、それと比べれば空いている事がわかる。単純比較は出来ないが。

車内のお客の様子を観察すると、お客のマナーが悪い!具体的には大きな荷物を座席の上に置く行為が散見。むしろ荷棚に荷物を置くお客は少数派。私は着席時に荷棚に全ての荷物を置くので、荷物で座席占有はありえないのであるが、一部のクソジジイが「荷棚に荷物を置け」と注意した車掌に逆に文句を言う有様。それは「お門違いの文句」と言わざるを得ないが、空席だらけであっても座席の上に荷物を置かないのが「常識」である。「そんな”常識”も知らんのか?」と呆れたが、逆に言えば普段は列車を使っていない証拠が”マルバレ”である。

↑南清水沢~清水沢。この駅間は距離が短いため、あまり撮影出来ない。歩いても20分程度で着いてしまうのだ。

↑清水沢駅(Y23)に到着。ここはとにかく雪が多い!これも別の回に書くがこの日清水沢駅の積雪は90センチもあった。10:23発(2分遅れ)で5人程度が下車。

↑清水沢~鹿ノ谷。

次の鹿ノ谷までは約6キロと夕張支線の中では最も長い駅間。途中トンネルも含む区間で、このトンネルは2本あって今は1本のみ使用なので、夕張が石炭で栄えていた当時(昭和40年代ごろまで)は複線だった事がわかる。しかし、このトンネルは老朽化が激しく、トンネル前後は徐行(25km/h)する。それでも徐行区間はこの1ヶ所のみで、三江線のようにあちらこちらで徐行にはなっていない。

すると車掌から放送が入る。夕張支線の車掌は札幌車掌所の担当で、札幌~新夕張の送り込み・送り返しは特急「スーパーとかち」「スーパーおおぞら」を使って便乗と言う形になる。車掌の放送内容は以下のようなものだ。

「沼ノ沢駅付近からは炭鉱住宅が広がり活気で満ちていていました。最盛期の夕張の人口は11万6千人あって、夕張の石炭の歴史を展示する夕張石炭博物館に行ってみてはいかがでしょうか?さらには映画”幸せの黄色いハンカチ”の舞台にもなった街で、映画の舞台のセットも”幸せの黄色いハンカチ広場”にも行ってみてはいかがでしょうか?本日はこの映画にちなんで、車両の運転室には黄色い飾りを施し、乗務する車掌も黄色いネクタイを着用しています。廃止まで残り少しになってしまったが、心行くまで夕張支線の旅をお楽しみください」

↑と言うような趣旨の放送を行う。車内の装飾や夕張支線を紹介するパネルもあって、これは「札幌車掌所リゾートチーム」の特製との事。「札幌車掌所リゾートチーム」と言う部署が私は気になって仕方がないが、普段は札幌発着の列車(普通・快速・特急)に乗務するが、各種臨時列車や夕張支線のように廃線直前の増発時の応援で対応する専門部署なのであろうか?

↑鹿ノ谷駅(Y24)に到着。ホームは反対側。反対側は”雪の谷”となっている。大きなカメラを持った同業者が何人も下車。折り返しとなる9268D(鹿ノ谷11:04発)を撮影するためであろうか?

↑鹿ノ谷~夕張。

鹿ノ谷駅から夕張駅(Y25)も十分歩ける距離。歩いても20分程度と言った所だ。とにかくここも雪が深い!断続的に続く”雪の壁”。構図が良い場所も多いため、同業者が多くカメラを構える。

夕張駅では全員下車する必要がある。折り返し列車に乗車する場合も、一度全ての荷物を持ったうえで外に出る必要がある。お客が全員下車したらドアを閉めて車内の掃除と車内の点検。荷物を残して”席取り”をした場合は「忘れ物扱い」になるとの事。折り返し列車に乗る場合は、改札外まで進んでもらって所定の位置に並ぶ事になる。

↑夕張に到着し、全員下車したキハ40-1780の車内。

↑ホーム自体は狭いので下車したら、とにかく改札外へ速く進む事が求められた。最終日は事故や混雑防止のためホーム上での撮影は禁止となっていたが、それが伝わったのは改札を出る直前くらいであった。駅頭ではJR北海道の係員が何人も出て、精算業務や記念スタンプをきっぷに押している。私も記念スタンプなるものを押してもらうべく、係員に聴いてみるとそれは「無効印」で、まだ有効な「北海道&東日本パス」に押されると、無効になってしまう所だった。

地元の人からは「黄色いハンカチ」を振られながら「おかえりなさい」と出迎えられた。アットホームな雰囲気にさせてくれたのが、我が家に帰ったような感じがして、夕張の人の温かさが伝わって、非常に良い気分にさせてもらった。

4回目に続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。