【釧網本線摩周→釧路湿原3728D快速しれとこ摩周号】北海道の維持困難線区を見る㉛

広告
広告
広告

【乗車日】2018年9月20日(木)

広告
広告

【列車番号】3728D(快速しれとこ摩周号、釧路行き)

【時刻】摩周(B64)12:16→釧路湿原(B56)13:11

【車両】キハ54-515(釧路車)

【備考】北海道胆振東部地震の影響で摩周~網走はこの日運休。当該列車は摩周始発で運転。

★摩周~釧路では釧網線運行中。道路から見る事が出来ない車窓!湿地帯のど真ん中を

↑摩周駅は弟子屈(てしかが)町の中心部から1~2キロ離れた所にある。駅や釧網本線利用者用の駐車場(無料)もあって、ここにクルマを置いて列車に乗り換える。

↑運転上拠点となる駅のため、線路が数本ある立派な作り。だが実際の列車は2両以下がほとんどなので、「過大な設備」と言えばそれまでだ。

↑摩周から網走まで運休中のため、既に3728D(正確には違う列車番号なのだろうが、それが不明のため便宜上定期列車のそれを使う)も止まっており、車内に入る事も出来た。

3728Dは一部通過駅がある「快速しれとこ摩周号」である。元々は単行であったが、外国からのお客が増えている事、釧網本線+バスを使った周遊観光プランをJR北海道が提案したため、2018年9月からの2カ月限定で2両に増結。そのうちの一部は指定席も連結していたが、地震の影響で需要が見込めない事、車両繰りが悪い事もあってか?単行の全車自由席に。

↑駅舎の中。観光協会に加えて待合所、きっぷ券売機、有人きっぷ売り場もある。観光地の代表駅としてはしっかりとしている。

↑摩周駅一体は国立公園に制定されたと言う。3728Dは連絡橋を渡った反対側のホームにポツリと止まる。配線の都合?地震の影響?不明だが、使える線路が限定されているようだ。

↑サボも「摩周-釧路」になっていた。定期列車でも何本か設定されているため、特別珍しいものではない。

キハ54は車両によって座席の形状が異なる。必ずしも転クロではなくて、集団見合い式と言われる特殊な形状となっている事も多い。キハ54-515は車両の中央がボックス席とテーブル、残りはリクライニング可能な座席であった。一部区間運休のため、お客が集まらないのも当然で乗ったのは4人だけ。北海道の国鉄型気動車は非冷房のため、窓を開ける。窓を開けないと9月下旬にも関わらずかなり暑い。

摩周を発車。次駅放送には英語も加わる。これも外国人対策だ。南弟子屈(B63)は通過で、磯分内(B62)に止まるためかなり長いように感じる。

↑南弟子屈~磯分内

磯分内はまとまった集落。1人乗ってくる。雪印メグミルクの工場もあるので、酪農地帯から直接乳製品に加工して全国に出荷されると思うと、「北海道産」と称する産地まで来たんだと実感する。

↑標茶(B61)~茅沼(B59)

標茶は有人駅。線路跡があったが、これは国鉄時代の標茶線の跡地だろうか?標茶町の中止部と言う事もあり、さすがにお客が多く10人以上が乗る。ほとんどが地元利用者で、旅行者も数人混じる。

駅番号が飛んでいるが、2017年3月までは五十石(ごじっこく、B60)があった。利用不振で廃止されているため、今後駅番号が飛ぶケースが多数発生するだろう。車窓からは五十石駅の跡地は確認できず、既に駅舎は撤去済み。列車交換も出来ないので信号場にもなっていない。

↑タンチョウが来る駅、茅沼。根室本線直別のようなログハウス風の駅舎で、周囲は湿地帯。この先は湿原のど真ん中を右に左にカーブしながら進む。地盤も決して良くなく、連絡道路もないため、釧網線の車窓から出ないと見る事が出来ない。

↑茅沼~塘路(B58)

↑細岡(B57)~釧路湿原

誰も人を近づかない湿地帯が続く。意外に車窓写真を撮影出来るポイントが少なく、開けた所があまりない事を意味する。これは釧路行きの場合進行方向左側になるが、これが右側になれば対象的であると言う事は、後で気づいた。

32回目に続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。