【釧網本線清里町、川湯温泉】北海道の維持困難線区を見る㉚

広告
広告
広告

【訪問日】2018年9月20日(木)

広告
広告

【場所】清里町駅(B71)、川湯温泉駅(B66)

【備考】北海道胆振東部地震の影響によりこの日は摩周~網走で列車運休。

★地震からの復旧作業中だった清里町駅

道道1000号を道なりに進むと、”板切れ”の南斜里駅(B70)を通過。続いて道道1115号線に入り清里町(と言う行政区分)の中心部に入る。清里町駅は中心部の一角にあるが、なぜか駅周辺だけは人通りが少ない。鉄道を使う用事がなければ、駅周辺の商店等であっても相手にしないのか?

↑駅前の様子。一応クルマを止める事が出来る所があって、ここにクルマを止めておく。

↑立派な駅舎。縦書きの表札があるのも大きな駅である証拠だ。

↑駅舎の中は待合室があるだけで、それ以外には特に「これ」と言ったものがあるわけでもない。建物の構造が木造→コンクリートに変わっただけで立派に見えてしまうが、基本的な構造はどちらであっても大きな変化がない。

↑ホームに出ると作業している工具の音が聞こえてきた。この日は清里駅や川湯温泉駅周辺を中心に、地震からの復旧作業が行われていた。

↑「清里町駅」と書いた看板が哀愁を感じる。国鉄時代から残るものなのであろうが、普通のタテ型看板(サッポロビールのマーク+「きよさとちょう」)も基本的には国鉄時代から変わっていない。他のJR5社は独自のものに変わったが、北海道だけは国鉄時代のものと言うのが、ファンとしてはうれしい。

★川湯温泉駅は川湯温泉の足湯が楽しめるため、列車運休中でも温泉客が多い

↑道道1115号から撮影した斜里岳。クルマを走っていて、「すごい景色が良い!」と思って、撮影場所を探していたらチェーンの脱着場でクルマを止める事が出来たので、ここから。

清里町~川湯温泉までは約33キロあった。経路としては、道道1115号→道道805号→国道391号である。国道391号は峠越えでオホーツク管内と釧路管内の境界である「野上峠」を通る。それでも釧路市内までは110キロと言う標識が出てきたので、意外と遠い。

↑川湯温泉駅に到着。駅前にドーン!と温泉があるかと思いきや、「どこに温泉があるの?」と聴きたくなるほど、温泉の場所がよくわからない。

↑駅員の姿は見られなかったが、木製の改札があった。だがここは駅舎内ではなく、外側から直接ホームに入れる場所で、何も仕切りがないと良くないので設置したのか?

この横には足湯があって、入っている人も何人かいた。どうやら川湯温泉に来た人がいろんな温泉を楽しんでおり、その一環で駅の足湯も楽しんでいるようだ。

↑クマが鮭を川から捕まえて食べている銅像。すごくリアルなもので、近くに居るだけで怖かった。清里町同様にここでも復旧作業が実施されていた。

このあとは、クルマで摩周に移動し列車移動に切り替える。

31回目に続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。