「必ずしも結婚する必要がない」と考える人が7割!結婚とはそもそもなんなんだ?死んだときの面倒は誰が見るんだ?

広告
広告
広告

2019年1月8日(火)のNHKニュースから。

広告
広告


「必ずしも結婚する必要ない」7割近くに NHK調査
2019年1月8日 4時58分
結婚することについて「必ずしも必要はない」と考える人の割合が7割近くに上り、この25年間で最も高くなったことが、NHKの調査で分かりました。
NHKは国民の意識の変化を探る「日本人の意識」調査を、昭和48年から5年ごとに行っています。

最新の調査は去年6月から7月にかけて、全国の16歳以上の5400人を対象に個人面接法で実施し、50.9%にあたる2751人から回答を得ました。

この中で、結婚についての考え方を尋ねたところ「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人は68%、「人は結婚するのが当たり前だ」と答えた人は27%でした。

「必ずしも必要はない」と答えた人の割合は、この質問を始めた平成5年以降増え続け、今回は前回の調査より5ポイント増加して、これまでで最も高くなりました。

年代別にみますと「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人の割合は30代が最も高く88%に上った一方で、最も低いのは70歳以上で、43%でした。

また、結婚と子どもに関する質問では「結婚しても、必ずしも子どもをもたなくてよい」と答えた人が60%、「結婚したら、子どもをもつのが当たり前だ」と答えた人が33%でした。

日本人の結婚観に詳しい横浜国立大学の江原由美子教授は「結婚したくない人や結婚に否定的な人がすごく増えているということではなく、いい人がいれば結婚するという考え方はまだ大多数だと思う。好きなライフスタイルをそれぞれ自由に選んでいいという考え方が広がった結果ではないか」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190108/k10011770391000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

う~ん・・・これが今の世の中と言う事か!

かなり日本人は「自己中心的」と言うか、「自分が良ければそれで良い」みたいなことが、最小限の「社会」である、「家族」とか「結婚」と言う価値観を変えているし、実際にそうなっているから当然の結果である。

逆に「必ず結婚しないといけない」と言う結果が7割になったら、私なんか大声で

えーー!!

と思ってしまう。

昔は好きでなくても、無理矢理結婚させられて、子供もたくさん産まされて、自分はそれが嫌なのに・・・と思っているのが本音でも、その人がおじいちゃん・おばあちゃんになった時に話を聴いてみると、本当に心温まる話で、「やっぱ、こうなるべきだよな~!それが最高の人生っていうやつなんだよな!」と思う。

でも今は、いろんな事情でそもそも結婚は出来ない、結婚するためのハードル自体が上がっているのではないか?

昔みたいに、無理矢理結婚させられるなんて事は、皆無なんじゃないのか?

結婚しても、ちょっと嫌な事があっただけで、「離婚だ!!」となるわけでしょ?ちょっと嫌な事が我慢出来んのか?と思う。それだけで離婚できるならば、仕事で大きな決断(会社が潰れるか、生き残れるか、クビになるか、ならないかと言ったレベル)も簡単に出来るんでしょ?離婚って法律的ないろんな複雑な手続きが伴うんだよ?法治国家だから当然全部守らんといかんし、そもそも面倒な事が離婚と言う手続きだから、ちょっと嫌な事で「離婚だ!!」と言うエネルギーがあるならば、ちょっと嫌な事は我慢して、別の所(仕事等)でそれを発散すれば良いのではないか?

何もかもが短絡的になっているから、わけのわからんバカ同然の事件やテロが起きているのである。もっと考えないといけない。何をやるにも、「責任」「メリット・デメリット」「カネ」「時間」「労力」は付いて回ってくるものだから、100%自分が有利になるなんてありえない!どこかは必ず不利になる事を知らんのかなぁ?

結婚していても然りで、配偶者が嫌になったので、平気で浮気や不倫するし、クズみたいな週刊誌で不倫を仰ぐ内容を平気で正当化する事が、世間で支持されている事自体が、今の世の中狂っている!

みんながみんな支持しないと思う。9割は否定的だろう。でも残り1割の不倫はオーライみたいな考えがあって、オチはやった事がバレるわけでしょ。芸能人ならば「文春」あたりに報じられてバレるが、一般人ならば何らかの手段でバレるわけだから、不倫が絶対にバレないと言う事はあまりないだろう。そもそも不倫を許している事自体がおかしな話で、どこかの国では不倫しただけで死刑なんだから。日本もそうすれば良い。

結婚したんであれば、墓場まで配偶者と人生を全うする覚悟を待て!それが出来ないなら結婚しなくて良い!

結婚していなければ、誰が死んだときに面倒を見るのか?

兄弟等の親族が居れば、まだ大変ではないかもしれない。でも、兄弟と仲が悪かったり、居なかったりしたら、誰が死亡届出して、誰が火葬して、誰が墓を用意して、墓に埋葬して、誰が宗教的な儀式を主催して、誰が相続するのか?と言う大問題に直面する。今でもこんなの普通にたくさんあるが、今後結婚していない、子供いない、兄弟いない・・・と言う人はもっと増えるはずで、誰が死んだときの面倒になるのか?年金問題以上に深刻な社会問題になる事は確実だ。

これが100年、200年と繰り返せば、日本人自体が消えるのではないか?

「必ずしも結婚する必要がない」と言う考え方は、本当に悪い事しか待っていないと思う。


広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)