【2023年春まで現状維持?香椎線全列車をDENCHAに!】2019年3月のJR九州ダイヤ変更を詳しく解説

広告
広告
広告

JR各社は2019年(平成31年)3月にダイヤ改正を実施する事を決めた。当ブログではアメブロ側(Monolog24)で年末年始恒例の来春JRダイヤ改正について、テレビ・新聞・雑誌・SNS・他の鉄道ブログ等よりも「詳しく・わかりやすく」書いてきた。新ブログ(KH8000ショー)移行後も引き続き来春JRダイヤ改正について、「詳しく・わかりやすく」書く事はもちろん、「独自の情勢分析」に基づき、テレビ・新聞・雑誌・SNS・他の鉄道ブログ等が書かない有益な情報もみなさんに提供する。

広告
広告

昨年(2018年)に引き続き、掲載順は私から見て「注目度の高い会社」からとする。最初(1回目)に来るのは「最も注目しているJR旅客会社の2019年3月のダイヤ改正」について、逆に最後(6回目)に来るのは「注目していないJR旅客会社の2019年3月のダイヤ改正」となる。必ずしも北から順番に進めるわけではないので、この点はご了承願いたい。

ダイヤ改正日は2019年(平成31年)3月16日(土)。平成最後のダイヤ改正となる。

4回目はJR九州とした。

なおJR九州は2018年春から「ダイヤ改正」とは言わず、「ダイヤ変更」と言っているため、当ブログでもこれに従って書く。

★2023年(長崎新幹線開業)まで大きくダイヤを変えない?

「筑肥線に糸島高校前駅が開業。香椎線に新型車両を投入」(JR九州)

↑JR九州の公式ホームページの中にあるプレスリリースを見てみると、タイトルに「ダイヤ変更」と書いていない。単に上記のようなタイトルでしか書いていないため、パッと見ではわからない。あまり広く知らせたくないのだろうか?

JR九州は2018年春のダイヤ変更で、大幅な列車本数の削減に踏み切った。それは利用実態に合った本数にするもので、普通列車から特急、新幹線まで聖域ない大胆なものとなった。

報道を見ていると、九州各地で普通列車が減少したため、通勤通学に影響が出たため、一部列車で混雑が激しくなったり、急きょ臨時列車を設定して輸送力を確保する等の混乱も。しかし、これが実態に見合った輸送実態で、「適正」と言ってしまえば「適正」と言わざるを得ないのが結論であった。

青柳社長は記者会見で、「長崎に新幹線が出来る2023年春までは大幅なダイヤの変更はやらない」と明言。毎年JRグループ全体でダイヤ変更はやっているため、それ自体は毎年あっても、変更点は細かい接続や新型車両が入れば数分程度の速度向上が主なもので、2018年春ダイヤ変更のような大胆なものにはならないと言う事を意味する。

しかし、JR西日本同様に「列車1本あたりの利用者数を厳しく精査」する事を認めており、お客が20人に満たない列車は原則廃止する方針。今回のダイヤ変更に伴い、1本ずつの利用状況を精査して継続運行の有無を決定した事を明かしている。この事は今後も続く見込みで、地方線区ではさらなる減便もありそうだ。

★香椎線の気動車を全て蓄電池電車DENCHAに!

↑香椎線ではダイヤ変更当日に、全ての車両をキハ47系から「DENCHA」ことBEC819系に置き換える。この車両は既に若松線に導入済みで、車両に搭載した蓄電池に必要な電力を充電しておけば、非電化区間では電車同然の走りが出来る。俗に「スマホ電車」とも言われているが、JR九州は比較的距離が短い非電化路線(概ね40キロ以内)に今後も入れたい方針だ。

車両が新しくなるため、乗車定員が両数は変わらなくても60人程度増えるほか、所用時間の短縮も。平均で2~3分程度速くなる。

JR九州では821系とYC01系(気動車)と称する新型車両が営業に向けて試運転を繰り返している。前者は福岡地区の817系の後継として、後者は長崎地区のキハ66系を置き換える目的で登場する事になっているが、今回のダイヤ変更ではまだ登場しない。本格的な登場は2020年以降であろうか?

★その他は細かいものが中心

筑肥線には、「糸島高校前」と言う新駅が開業。新幹線「みずほ」の一部列車が川内と久留米にも新規停車。早朝の小倉駅における「ソニック」~「のぞみ」の接続改善(1パターンのみ)。

大分地区で夕方の一部列車が増発。吉都線でも臨時扱いだった列車が定期列車に格上げ・・・と実にこれだけしかない。

2018年春にあれだけ大幅に変えたので、この先5年ほどはこのような細かいものが中心になるダイヤ変更となりそうだ。

今の状況からすると、減便する動きは今後もあっても、増便する動きは新幹線や特急では期待出来ても、普通列車ではあまり期待出来ない。それだけ客数が減少している証拠で、新幹線や特急であっても他社である高速バスへの移行も未だに進んでいるので、予断を許さない状況になっている事に変わりない。

今のJR九州の厳しさがダイヤ変更の内容からも伝わる。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。