【アメーバブログ芸能人優遇なのか?中身が薄い記事がアクセス多い理由は?】ザ・ブログ論①

広告
広告
広告

2018年(平成30年)も終わりが近づき、新しい2019年(平成31年)が始まろうとしている。

広告
広告

例年当ブログでは、年末にその時「言いたい事」を分野関係なく書いている。「年末年始特集」として今回も実施させていただく。当ブログの編成の都合上、年末に数回、年始に数回の”年またぎ”とする。

1回目は「ザ・ブログ論」とした。

当ブログは2018年10月からアメブロ→ワードプレスに移行。アメブロではワードプレスに対する集客目的で使う事にして、記事についてはワードプレス側で書いている。読者の移行も着実に進んでおり、ページビュー(PV)数で見ると少しずつ伸びている。今回は今ブログをやっていて思う事をいろいろ書いてみる。

★なぜアメーバブログは芸能人優遇なのか?

最近(2018年12月)アメブロを見ると・・・

「はあちゅう 旦那との”破局の理由”公開中」

「おすすめブロガー」、「フォロー」と言う表記もある。見ようとも思わないが、はあちゅうが魅力的なブログを書いているのか?と言われると疑問だ。はあちゅうはAV男優しみけんの妻で、あの!「太田光被害者の会」にも”外野”から文句を言ったらしい。(爆笑問題カーボーイで太田さんの発言に怒ったらしい)

旦那、妻と言っているがこの人たちは事実婚なので、正式な婚姻関係とは言えない。日本は法律婚が大前提なので事実婚状態で夫婦同然で物事を言うのも、いささかどうかと思う。ちゃんと婚姻届出してから”夫婦の営み”を語れ!と。しみけんは妻を相手にした方が仕事の時以上に下半身がビンビンなんだなと思う今日この頃。

今のアメーバは”はあちゅう推し”だが、以前から特定の芸能人を”推す”と言う事は多々あった。そもそも芸能人、スポーツ選手、政治家等の顔の知れた人が最も多くやっているブログで、この前記者の質問を無視して(「次の質問どうぞ」事件)ブログで詫びた河野太郎外相は、自身の公式ホームページ上の開設しているブログ。

つまりアメーバのようなレンタルブログではなく、河野氏側でドメインから構築したホームページ・ブログなのである。政治家ではこのようなパターンはそれなりの財力や看板がある人が多く、その逆の人はアメーバのようなレンタルブログにしてしまう事が多い。例えば当選2回の自民党井林辰憲議員(衆議院静岡第2区選出)はアメーバで、私もよく見させていただくが、アメーバブログの他のユーザー(一般人)と比べればかなり簡素な作り。その代わり毎日ブログを更新して、その日の活動を公表する事で一定のアクセス数があると思われる。

芸能人やスポーツ選手も、自身のその日の活動を公表するツールではあるが、なぜアメーバがその事を”推す”のか?

もっと言うならば、一般人のそれについても積極的に”推して”良いのではないか?

芸能人がアメーバにする理由。政治家は除くと思うが、アメーバから収入が得られる事。誰とは言わないが静岡県出身の某タレントが「アメーバで月に300万円稼いでいる」とテレビで言ったら、アメーバが嫌がってアメーバブログを止めさせた経緯がある。

つまり、アメーバブログに芸能人が記事を書けば、アクセス数などに応じて自身に高額な収入が入るし、アメーバブログ本体(サイバーエージェント)にも収入が入って、これを原資に我々一般ユーザーには無料で提供できている。それが無料ブログのカラクリである。

では、我々一般ユーザーはアメーバでブログを書くだけで稼げるか?と言うと稼げない!

どんなにアクセス数があっても、どんなにランキングで上位を得ても、収入は1円も入ってこない!”タダ働き”同然なのだ!

アメーバブログの記事を見てもらえればわかるが、いろんな広告が挿入されている。これはGoogleのシステムで一般人も利用する事は可能であるが、アメーバブログでは我々一般ユーザーが意図的に挿入させるのではなくて、勝手に挿入される。その広告がクリックされると誰に収入が入るのか?と言うと、アメーバブログ。つまり、アメーバブログ(サイバーエージェント)がGoogleと契約して、クリックや販売実績に応じてアメーバブログ(サイバーエージェント)の収入にしているのだ。芸能人に対してのその一部を”ギャラ”として分配しているが、我々一般ユーザーに対しては”ギャラ”がないのだ!これは不満だ!

それでもアメーバブログにも危機感がある。SNSの台頭でアメーバブログを辞めてそちらに移籍するユーザーが多いので、”囲い込み”として「アメーバ公式トップブロガー」と称した我々一般ユーザーから優良者を選んでいる。

とは言っても「アメーバ公式トップブロガー」になるのは狭き門!私も何回かやってみたが全て不合格!どんなに良いエントリーシートを書いても通らない(合格できない)のだ!

一応「アメーバ公式トップブロガー」になれば、「活動資金」と称してアクセス数に応じて”ギャラ”が払われるらしい。いずれにせよ、我々一般ユーザーがアメーバブログで稼ぐ事は実質的に無理!

巷では「アメーバブログで稼ぐ裏ワザ」と称するホームページもあるが、これはアメーバとは別のアフェリエイト等を活用するもので、「1か月で100万円稼ぎました!」と煽るような内容も目立つが、実際にそれが出来たのは100人いたら1人しか出来ないものだ。残りの99人は出来ないのだ。

アメーバブログは所詮無料ブログ。著作権(文章、写真等)は意外にも自身の権利ではない。アメーバブログに書いた時点で著作権はアメーバに譲渡している事になっている。そのためアメーバ側の一方的な都合で削除、改変も可能で、何年も構築したブログと言う資産を、一瞬にして消されてしまう事も横行している。

もし、「ブログが自分の資産」と思うのであれば、今すぐアメーバブログは止めるべきだ!

これとは別に「ブログで稼ぎたい!」とも思うのであれば、なおさらアメーバブログは止めるべきだ!

アメーバブログがダメならば、FC2、ライブドア、Yahoo!等の他社無料ブログに移籍すれば・・・と思うかもしれないが、理屈はアメーバブログと同じ。

私のように「独自ドメインの構築」+「ワードプレスでブログの展開」をやる事を強くオススメする。

そうすれば、他人からの削除や改変のリスクは少なくなるし、著作権も自身のものになるし、長期的に見て資産構築も可能。もちろんブログで稼ぐ事もやりたい放題可能で、SEO(検索エンジン)対策、SNSとの連携強化も図れば、アメーバブログ以上にドカン!とアクセスアップも可能。やろうと思えば1日に30万PVでだって視野に入る。

アメーバブログは、頻繁に「今度はどの芸能人にブログをやってもらいたいですか?」と言うアンケートを募っているが、あくまでも書き手としては芸能人だけしか想定していない”クソブログ”である。我々一般ユーザーを増やしたいと言う考えはサラサラない!

もし、ブログをこれからやりたいならばハードルは高いが独自ドメインブログ、若しくはブログではなくSNSが良いだろう。むしろ「新しい友達」を探すのであれば、ブログでは全く見つからず、SNSの方が簡単に見つかる!と言っておく。

★中身が薄い記事がなぜアクセスが多いのか?

これは「鉄道コム」のブログランキングを見て思う事。結構カチン!と来るところがあるので、言わせてもらいたい。

鉄道コムの「人気ブログランキング」は1位から順番に書いているが・・・・

上位20位までの記事を見ると、中身が薄い!

これは私の感覚や主観による。内容としては、タイトルの事について一言二言程度書いて、あとは鉄道の写真を1枚デカくドカーン!と載せて終わり。

文字数にすれば200文字もないのに、なぜかランキング上位!これには納得いかない!

要するに「写真ブログ」なのであろうが、必ずしも撮り鉄の成果を公表している「展示会」とは限らず、最近だとJRのダイヤ改正についての記事でも同じような展開がなされている。「いやいや、書くべき事はまだまだたくさんあるでしょ!?」と思う。本当に”読み応え”がない。なのにランキング上位!どうしてよ?変なSEO対策でもやっているの?教えてくれよ?!理由を。

★書き手(投稿者)が素人さん(我々一般ユーザー)+アクセス数が極端に少ない=拡散・炎上せずに問題化しない?

「M-1グランプリ」が終わった後に、インスタグラムの動画にスーパーマラドーナの武智、とろサーモンの久保田(顔が金正恩に似ていると思うのは私だけ?)が関西芸能界の大御所、上沼恵美子に対して・・・


決勝7位となったスーパーマラドーナの武智は、和牛の水田やとろサーモン(2017年優勝)久保田と居酒屋で過ごしていたようで、その動画をインスタライブで配信。すぐに削除されたが、保存したネットユーザーがネットで拡散し、波紋を広げている。
 動画では、主に久保田が、ある審査員への不満を明かしている。だいぶ酒を飲んだのか酔っている久保田は、「酔ってるから言いますけど、そろそろもう(審査員を)やめて下さい」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」と吐露。久保田は相当、腹に据えかねていた様子で、「“私は好き~”とか言い出し(て点数に差をつけ)たらさぁ」と机の足を蹴る。
 審査員席で一番右側に座っていたのは、関西の女帝・上沼恵美子である。動画撮影者である武智は「言うた! 右のオバハンや。いや右のオバハンにはみんなうんざりですよ」等と相槌。映像には写らないが別の芸人も「いや“暗いのよ~”とか言われても、明るかったらおもろいんかって思いますよね」と同意する。
 武智「“嫌いです”とかって言われたら、更年期障害かって思いますよね」、久保田「“私も歳やからわからへん”って、知らんで」と、それぞれにくだをまいた。ちなみに上沼恵美子は63歳であるので、もう更年期はとっくに過ぎている年代だと思われる。上沼の審査員としての態度が不公平なものであり、出演芸人が理不尽を感じていたことは間違いないが、「更年期のオバハン」という言い草は暴言だろう。
https://wezz-y.com/archives/61651

↑こんな事をやったら、例えるならば米国が無予告で北朝鮮上空に爆撃機を飛ばして爆弾を落とすと言う”宣戦布告”と全く同じ事。

武智と久保田なんか、大した漫才師ではないわけだし、社会通念的に考えれば、こんなのは「干されて」(クビになって)当然!それをなぜ吉本はしない?いや出来ないのが正しいのか?だから芸能界は不祥事に甘いんだよ!

こんな思想持っているならば、「申し訳ございません」と謝罪した所でこれは”形式的な謝罪”と言うしかなく、誠意がない。人間最初からやり直せ!武智と久保田なんて所詮”ヤクザ”と同じ体質と言うしかない、杜撰な人間。人間として価値のない最低クラスのクズ同然、いやネズミやゴキブリ以下だと思う。今すぐこの世から消えていただきたい。

「酒の勢いで」と言うのは本当に都合の良い言い訳。こんな言い訳は聞き飽きた。大人の言う事か?こういう言い訳を言わないのが大人なんだよ!大人がこれを言ってはいけない。言うならば、最初から酒なんか飲むなよバーカ!学習能力が低い証拠だ。

こんな暴言とか宣戦布告やるもんならば、最初から酒を飲まなければ良い。酒を飲んだとしても、常に常識、良識を持って正しい善悪の判断が出来ないといけない。そんな事も出来ないのか?普通は出来て当たり前。これは武智と久保田に限らず、酒を飲む以上、酒を飲む人全員に言える話だ。それが出来ないならば最初から酒を飲むな!と言う事だ。

厳しく書いたが、これをアクセス数が多いブログ等では、すぐに拡散される。そして自分の知らぬところで勝手に「炎上」と称する、この事は「問題」「書き手の不祥事」として広がり、最後は社会的な立場も危うくなる(クビになる、刑事罰を受ける等)。でも全く同じ事を、仮にアクセス数が1日に1件もないブログ等でやったらどうだろうか?

この答えは「その時は炎上騒ぎにはならない」と言う事。「その時は」と断ったのは、これが何年かして一気に拡散されて何年かしてから炎上騒ぎする事は特にブログでは起こりやすい。

理由は、アクセス数が増加して、見ている人が多いため。誰かがこの事を拡散すると、あとは一気にドミノ倒しみたいにドカーン!と広がる。

この武智と久保田の動画はすぐに削除したらしいが、アクセス数が1件もなければ、または投稿者が有名人でない(いわゆる素人さん)の場合も、拡散や炎上が起る事はありえない。理論上は1件以上あれば拡散や炎上のリスクはあるが、私の経験から言って1日に1記事あたり30件以下で、投稿日は30件あったとしても、翌日以降は1件あるか・ないか程度になる事も多々あるので、そうなったとしても拡散や炎上のリスクは低い。

つまり、書き手が素人さん(我々一般ユーザー)である事+アクセス数が極端に少ない

↑この条件が重なれば、こんなにも大きな事にならなかったのにね!と言ってやりたい今日この頃。

★まとめ

「ザ・ブログ論」では私がその都度思う事を不定期で今後も掲載して行く。やっていて不満に思う事、疑問に思う事は山のようにある。その事を今後も書いて行きたいと思っている。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

2件のフィードバック

  1. 忍者てつ丸 より:

    アイドルファン部門なんてもっと酷いですよ。
    AKBの写真を貼りまくっただけのブログが首位ですから。
    (もの凄い勢いでAKBの写真を貼りまくるとかのタイトル)
    事務所から許可貰ってるならともかく、勝手に流用したら肖像権侵害になるんですけどね。

    ただ鉄道部門でも有り得ますが、サイバーエージェント社の社員や関係者にトップを取らせるため、
    中身が薄いブログでも書かせているってのかもしれません。

    私はお金を稼ぐ気はないので、アメブロを未だに使用しています。

    • KH8000 より:

      それは”ずるい”ですね。私に言わせれば「本当の実力ではなくて、何も身に付く事はない」と思っています。
      サイバーエージェントの社員が意図的にランキング上位にさせるために、裏ワザ?で吊り上げている事があれば不正かつ問題です。公正なランキングとは言えません。「週刊文春」の新谷氏(発行人)にこの情報売ってやろうかな?
      もしこれが本当ならば、サイバーエージェントは説明責任があって当然です。

      アメーバのランキング上位は本当に”中身の薄いブログ”ばかりで、読んでみると「何でこんなクソみたいなブログが1位なんだよ!(怒)」と思う事が多いです。
      私みたいに真面目に書いている人がバカを見るブログサービスだと思います。10年くらいアメーバやっていますが、正直結構バカなものを見ています。SNSとかワードプレスに移行したくなる理由が本当によくわかりました。

      私の経験上、真面目に他人にとって有益な情報を書けば確実にGoogleやYahooと言った検索エンジンは正しい評価をしてくれます。時間はかかっても、いつかは検索結果上位のどこかに表示させてもらって、大量の集客を見込めるツールにさせてくれます。
      逆に不正で検索結果上位にさせたり、不正にランキング上位にさせたブログは検索エンジンは悪い評価を下します。Googleなんて超頭が良いので、そんな不正簡単にわかります。オチは「長続きしない」、「ペナルティーを受けて二度と検索結果上位にさせない、ランキング上位させません」。
      そういうリスク冒してまでもやりたい理由がわかりません。こんなバカを相手にするつもりは私にはありません。
      それにしても、サイバーエージェント社員の不正気になるな・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。