【キハ283系スーパーおおぞら3号新得→釧路】北海道の維持困難線区を見る㉓

広告
広告
広告

【乗車日】2018年9月19日(水)

広告
広告

【列車番号】4003D(スーパーおおぞら3号)

【時刻】札幌(01)8:54→新得(K23)11:06→釧路(K53)13:20

【停車駅】新札幌(H05)、南千歳(H14)、追分(K15)、新夕張(K20)、占冠(K21)、トマム(K22)、新得(K23)、帯広(K31)、池田(K36)、白糠(K47)

【車両】①キハ283-4、②キハ282-2004、③キロ282-2004、④キハ282-4、⑤キハ282-10、⑥キハ282-3002、⑦キハ283-6、1、2、4、5号車は普通車指定席、3号車はグリーン車指定席、6、7号車は普通車自由席

【備考】北海道胆振東部地震の影響により南千歳~追分で徐行運転

★「日本とは思えない車窓」の連続!キハ283系の「疲れている感じ」が気になったが、長時間の割にはしんどさを感じさせない特急スーパーおおぞら

↑新得に到着。11:10着でこの時点で遅れは4分までに回復!石勝線の回復運転恐るべし!

新得は客数が多いイメージが私の中ではしたが、ドアはすぐに閉まった。ドアを長く開けるほどの客数は居ないようだ。この先は十勝平野を突き進む。今まで以上に縦揺れ・横揺れとも激しくなって、テーブルに置いたモノが落下しやすくなる。この時は飲食物は置いていなかったが、それを置く際には注意が必要だ。

↑新得~十勝清水(K24)

十勝清水ではキハ40の単行と交換。行先は新得行き、列車番号は臨時扱いの9430Dであった。元々は滝川行きであったが、東鹿越~新得は2016年に発生した大雨災害により不通が続いている。JR北海道は利用者が少ない事を理由に廃止する方針だ。十勝地区の根室線については普通列車が「暫定ダイヤ」となっているため、タテマエ上は東鹿越~新得が復活した際にはスジ的にはすぐに滝川・富良野行きとして運行出来るようにしているらしい。ダイヤ改正の毎に新しいスジを設定するのではなくて、元々あったスジを復活させる形だ。あくまでも「暫定的な行先」と言う事?

しかし、時刻表の列車番号をよく見ると臨時列車使いのそれは極一部に過ぎず、ほとんどが定期列車である2500番台のそれが多い。そういう事を考えれば、滝川・富良野行きとして復活する事はもはやありえない事が前提だろうか?

ではなんで9000番台の列車番号があるのか?単純に増発しただけなのか?不思議な経緯を持つ列車である。

上芽室信号場では札幌行きの「スーパーとかち6号」と交換。十勝と言えば「農業王国」。広ーい農地が水平線の先まで続く。本州では見る事が出来ない風景で、まさに画になる。

芽室(K27)は11:31に通過。車掌からは「あと10分で帯広に到着するのでそそろ下車する支度を・・・」と放送が入る。この時点で3分遅れ。

石勝線では回復運転しているような走り方があからさまにわかったが、根室線に入ってからはそれをしているように感じなくなった。至って普通の走り方。さりげない走り方がキハ283系の持ち味だろうか?

西帯広(K29)付近からは住宅地となってきた。南千歳発車以来久しぶりに見た人口規模が多い都市だ。同時に自動放送も流れてきた。帯広の貨物駅を越えて、柏林台(はくりんだいK30)付近からはマンションも5棟ほど見えてきた。

帯広には11:40着。これでほぼ遅れは解消!運転士が交代して保線関係の担当者も乗る。線路の状態を確認するためだ。運転士の行路としては札幌~帯広、帯広~釧路で分かれる事が多い。前者は札幌、後者は釧路の担当のようだ。一方で車掌は途中交代なしの全区間”通し”で、「スーパーおおぞら」に関しては全列車釧路の担当。釧路所属だと車掌の行路数そのものが少ないはずで、乗ったとしても特急が中心。普通列車はワンマン運転のため乗務行路に組まれていない事が多いはずだ。どうやら「スーパーおおぞら3号」の車掌は、前日の札幌行き最終の「スーパーおおぞら12号」(釧路19:00発)からの折り返し乗務。釧路到着後に勤務終了のはずなので、宿泊を伴う行路にしては遅い時間のあがりである。

車内からは4割程度のお客が帯広で下車。逆に乗ってくるお客はわずかで列車全体で見れば20人ほどに留まる。私が乗っていた指定席1号車に乗ってきたお客は誰もいない。時刻表を見ると帯広→釧路に行ける午前中の列車が極端に少ない事に気づく。実質的な初発は9:26発の「スーパーおおぞら1号」でこれより速い時刻に釧路へ行ける列車は普通を含めても意外に存在しない。十勝と釧路接した地域であるが、人の移動はかなり少ないようだ。それを裏付けるかのように両都市間を結ぶ高速バスさえも存在しない。

帯広を発車すると制服姿の警察官が車内を巡回。当然警備のために乗務しているのであって、どうやら釧路の警察所属のため乗務区間は帯広~釧路に限られているらしい。全国的に見て警察官が警備のため乗務するケースは少ない。

池田には11:58。乗り降りが少ないらしく、自由席から2~3人が降りた程度。すぐにドアが閉まり15秒も開いていなかったような気がする。

池田を出ると次は白糠。1時間2分止まらない。

↑車内は静まり返る。根室線は池田から先は線形が非常に悪くなる。とにかくカーブだらけ。本来ならば振り子を作動させて速度を落とさずに走るのだろうが、そんなのは過去の話だ。

車窓はとにかく良い!北海道の中でも根室線の池田~釧路~根室にかけての車窓が最も好きだ。それはまさに「日本とは思えない車窓」の連続だからだ。北海道だから見る事が出来る自然の車窓でもあるので、「奇跡のクリスタル車窓」(某歌手のキャッチコピーのパクリだが。詳細は花咲線の記事で説明する)と言っておこうか。

新吉野(K39)ではキハ40単行の帯広行き2524D交換。数えるくらいのお客しかいない。根室線の普通列車は通学利用以外ほとんど乗らない。2両もあれば後ろ側車両は”貸切”になる事もあったりする。

次の浦幌(K40)では12:18~12:21まで運転停車。札幌行きの「スーパーおおぞら6号」と交換。この駅は特急停車駅であるが、運転停車するようならばドアを開ければ良いのに・・・と思うのは私だけか?

運転停車扱いとしているのは、根室線は単線のため列車が遅れやすい。列車交換駅を他の駅や信号場に臨時変更する事も多々あって、「進める所まで進んでおく」事が出来れば遅れは最小限で済むどころか、遅れの回復さえも出来ると言う”時刻表のトリック”とも言えるような技も出来てしまう。もし、これをドア扱い、すなわち停車扱いにすれば列車の遅れ拡大や遅れの回復自体が難しくなるため、利用が期待出来ない昼前後は通過にしてしまっているのでは?


↑浦幌~常豊信号場

次は厚内(K42)。駅番号が1つ飛んでいる。元々は上厚内(K41)があったが、利用不振により2017年3月4日のダイヤ改正で廃止。一度設定した駅番号は変更が難しいため、廃駅については欠番扱いにしている。上厚内を12:33に通過。駅舎は壊されていて工事中であった。厚内を12:37に通過。海が見えるが少しすると山に戻される。

↑海が見えてきた。だが、具体的にどこか?わからない。iPhoneの写真だと場所も表示されるが、この時は池田から白糠にかけて断続的に電波が悪く、GPSもしっかり受信できていなかった?のかずっと常豊信号場付近を示している。ここは内陸部にあるにもかかわず、実際に写真は海岸線沿いと大きく異なる。恐らくこの写真は直別~尺別付近であろう。この時iPhoneの場所表示でどうやって正確な位置に表示させるか?苦労した。単に電源を入れ直しただけではダメ。電波状態が悪いので正確に表示できないのか?このような場合どうすれば良いのか?わかる人が居たら教えてほしいと思う。

↑尺別~古瀬。これも具体的な場所はわからないが、恐らく左記区間のはずだ。

写真のように湿地帯を走る。地盤が悪い所に線路がある事、何も建物がなく大自然のど真ん中に線路があるため動物が出没しやすい。特にエゾシカは根室線帯広~根室のほとんどの区間に出没し、列車との接触事故が多い。JR北海道も対策は立てているが、野生動物のため対策通り上手くいかないのが頭の痛い点だ。

街らしくなって白糠。やや遅れて13:02に着く。ここから先は釧路の都市圏に入る。改めてキハ283系の感想を言うと、酷使されている分「疲れている感じ」がどうも気になった。車齢の1,5倍に相当する距離を走っているとも聴いた事があるので、他社車両で言えば車齢が約23年に対して走行距離は他社の35年分?と言う事か。

国道38号と並走していると太平洋が遠くまで見える車窓がキハ283系の大型窓に映し出される。工場街が広がりやがて大きな橋を渡ると釧路市内が見えてきた。札幌から約4時間30分、距離にして約350キロ、東京~新潟・仙台・名古屋に相当する距離を北海道では当たり前のように在来線特急で頑張る姿。確かに長い乗車ではあったが、車両の「疲れている感じ」が気になったながらも、快適な移動区間でもあったので「しんどい」とは感じないようにしているのがJR北海道の特急の良さでもある。

24回目に続く。



広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。