【71D特急オホーツク1号上川→遠軽】北海道の維持困難線区を見る⑧

広告
広告
広告

★石北本線名物の”白滝シリーズ”へ!

【訪問日】2018年9月17日(月)

広告
広告

【列車番号】71D(特急オホーツク1号網走行き)

【時刻】旭川(A28)8:35→上川(A43)9:16→遠軽(A50)10:29→北見(A60)11:28

【停車駅】(乗車区間の営業停車駅のみ)、上川(A43)、白滝(A45)、遠軽(A50)、生田原(A53)、留辺蘂(A56)、北見(A60)

【車両】①キハ183-9560(普通車指定席)+②キロ182-7552(グリーン車指定席)+③キハ182-7555(1~9番席普通車指定席、10番席以降普通車自由席)+④キハ183-4555(普通車自由席)

【備考】札幌・旭川→遠軽までは1号車が先頭、遠軽→北見・網走までは4号車が先頭

上川を出ると次の停車駅は白滝である。距離にして37,3キロ駅がない。次駅までの距離の長さではJR在来線日本一の駅間だ。新幹線を含めると奥津軽いまべつ~木古内の74,8キロであり、いずれもJR北海道の路線が「駅間最長距離日本一」だったりする。

しかし、「駅」の定義と言うのは、旅客や貨物が乗り降り出来る事。”駅のような構造”をしていても、旅客や貨物が利用出来ない場所も多数ある。これが「信号場」である。主に単線区間では反対列車との交換に使われる。

上川~白滝の37,3キロの間に反対列車と交換出来る施設がないのか?と言うとウソになる。時刻表には書いていないが、天幕、中越、上越(かみこし)、奥白滝、上白滝・・・と5つの信号場がある。当然旅客が利用する事は出来ない。車内から写真撮影して終わりくらいで、途中駅に下車する鉄道趣味にとってはある意味辛い?区間でもある。

白滝は立派な「駅」であるが、その後も信号場が続き、旧白滝、下白滝とあって、白滝の次の駅は丸瀬布(A48)である。並びをよく見ると、「奥白滝、上白滝、白滝、旧白滝、下白滝」と「白滝」と言う地名が何個も続く。この事を鉄道ファンの間では「白滝シリーズ」と言われているのは非常に有名だ。

この「白滝シリーズ」は乗り鉄泣かせの区間でも有名。特急が4往復/日、普通・快速が2往復/日(臨時列車は除外)だけしか運行されず、「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」では全国トップクラスの難易度。そのため特別快速「きたみ」時間帯が良い事、速達性が高い列車と言う事もあってか混雑が激しくなるようだ。

さて、この「白滝シリーズ」どんな所で、どれだけの”秘境”なのか?

↑中越(信)~上越(信)

さらに登ってきた。キハ183系の走りも重々しくなる。車窓からは建物が一切見えない。完全に人里が途絶えた。

↑時々こんなに立派な道路と交差する。E39遠軽紋別自動車道である。E5道央道と分岐してからは全区間無料区間で、遠軽まで今の所は開通している。将来的にはオホーツクの紋別を目指している道路だが、遠軽から先の区間については事業化計画(工事開始)すらなく、単に路線名だけに「紋別」が入っているだけだ。紋別は国鉄時代名寄本線が通っていたが、今は廃止されている。

↑上越(信)。構内は広い。一部は使用していない。ゆっくりと通過して行く。携帯電話の電波が通じない。標高634メートル。ここが石北線におけるサミット。この先は断続的な降り。しかもトンネルでパスして行き、分岐器付近は雪による不転換防止のため、屋根(スノージェット)付きである。

↑上越(信)~奥白滝(信)。一般道路も立派。通っているクルマは1台もない。引き続き建物が一切見えない秘境地帯が続く。昔は「白滝シリーズ」でも旅客扱い(つまり「駅」があった)していたが、利用不振で信号場に格下げ。こんな所にあっても「誰が使うのか」と言う話で、全国全駅乗下車達成の横見浩彦氏の著書には、「通りかかった警察官ですら駅(当時)の場所を知らなかった」とあった事を思い出す。一応駅としてはあったが、存在感は非常に薄く、警察官は横見氏が「全駅乗下車中」と伝えるとつまらない顔をして帰ったと言う。地元における石北線の存在は「白滝シリーズ」区間では「ない」も同然なのである。

↑立派な「駅舎」が残る奥白滝(信)。駅自体は2001年に廃止されて、今は保線関係者が建物使っているとの事。

↑奥白滝(信)~白滝。少しずつ開けてきて、秘境と言う感覚が消えてきた。

↑やっと街らしい感じになって、白滝。ここで2~3人が下車。今までのアップダウンが続く線形から比較的平坦な線形に切り替わる部分が白滝から先だったりもする。

↑白滝~旧白滝(信)。久しぶりに道路とも並行するようになってくる。それでも建物は少なく鉄道を満足に利用してもらえる環境とは言い難い。石北線の上越(信)を中心に険しい道となるため、日頃の維持管理も相当大変なんだろうなと思った。

↑廃墟同然の旧白滝(信)。本当に何もない。


↑丸瀬布は10:13に運転停車。オホーツク1号は一応は止まるが、ドアは開かない(運転停車)ため時刻表上は通過扱い。「せっかく止まるんだったら、ドアを開ければ・・・」と思ったのは私だけではないはずだ。ドアを開ける(停車扱いにする)だけで諸々のコストや手間がかかるので、それに見合った分のお客が期待出来ないためなのか?同駅を通過としている特急はオホーツク1号と大雪4号だけで、それ以外は全て停車。ドアを開けても問題なさそうな気がするのは私だけだろうか?

↑丸瀬布~瀬戸瀬(A49)

↑瀬戸瀬を通過。マルタイが留置。

↑この大きな岩が見えてくると、遠軽に着く目印だ。ここではこの日お祭りが開催されており、午前中から賑わっていた。

9回目に続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。