【71D特急オホーツク1号旭川→上川】北海道の維持困難線区を見る⑦

広告
広告
広告

★特急オホーツク1号乗車前に簡単に旭川駅を見ておく

【訪問日】2018年9月17日(月)

広告
広告

【列車番号】71D(特急オホーツク1号網走行き)

【時刻】旭川(A28)8:35→上川(A43)9:16→北見(A60)11:28

【停車駅】(乗車区間の営業停車駅のみ)、上川(A43)、白滝(A45)、遠軽(A50)、生田原(A53)、留辺蘂(A56)、北見(A60)

【車両】①キハ183-9560(普通車指定席)+②キロ182-7552(グリーン車指定席)+③キハ182-7555(1~9番席普通車指定席、10番席以降普通車自由席)+④キハ183-4555(普通車自由席)

【備考】札幌・旭川→遠軽までは1号車が先頭、遠軽→北見・網走までは4号車が先頭

石北本線は旭川とオホーツク海側の網走を結ぶ。沿線で人口が多いのは北見周辺や網走周辺くらいで、ほとんどは過疎地域。石北線も例外なく「維持困難線区」に指定されているが、札幌・旭川とオホーツク海側を結ぶ重要路線である事から、留萌本線のように廃止を前提ではなく、残す事を前提にしている。しかし、それでも営業面・収益面ではしんどい。

優等列車は元々札幌~網走を”通し”で運行する事を前提にしていた。車両は国鉄型のキハ183系が今も主力で、宗谷本線のようにキハ261系が入る予定もない。2017年まではキハ183系の初期車が走っていたが、古くなりすぎたたため廃車。札幌~函館で特急「北斗」として走っていたキハ183系7500・8500・9500番台が代わりに移籍してきた。国鉄型でありながらも2014年~2016年にかけてエンジンを新品に載せ替えているので、実質的には新車でキハ261系に近い性能になった。そのため、しばらくは石北線を中心に”実質新車のキハ183系”が活躍する事になる。

後術するが用意出来る車両数が少ないため、昔のように札幌~網走を”通し”にする運用を組む事が出来なくなった。そのため、一部列車を旭川~網走の区間列車として走らせて、札幌~旭川は「ライラック」でリレーする事にした。区間列車は「大雪」(たいせつ)と称して、石北線伝統の列車名が2017年3月に復活。

旭川から北見・網走方面へ朝向かう場合、初発は遅い。8:35発の「オホーツク1号」となる。意外にも?これより早い時刻に発車する列車がなく、普通列車でさえも初発は7:00発の4521D普通上川行きである。そのため、旭川駅の様子をじっくりと見る事が出来た。

↑旭川駅に向かうとテントが多数。9月の3連休(9月15日~9月17日)「食べマルシェ」と称する道内・道北のグルメが集合したイベントが開催中であった。ただでさえ広い旭川駅前の広場に、全部食べたい!と思うほどおいしい食べ物があった。本音はここで食べてから・・・とも思ったが、石北線のダイヤからして、「オホーツク1号」に乗り遅れると、網走まで行ける次の列車は12:41発の「大雪1号」までない。かなり損害が大きいので諦めるしかない。

↑東改札口。イオンモール近くは西改札口のため、この反対側へ。旭川駅の朝8時台は意外とお客が少ない。「まばら」と表現して妥当な感じ。この日は敬老の日であったが、普通の平日であってもそもそも「通勤通学ラッシュ」とも言えるような混雑があまり見られない。この時間帯でも普通列車は多くても3両まで。単行のそれもあったりする。一方で旭川市内を走る路線バスは立客が多数出るほどの混雑ぶりで、あくまでも市内の公共交通は路線バスに依存しているようにも見えてきた。

石北線・宗谷線方面に対しては普通列車もあるが、函館線方面に対しては見事に特急しかない。次の普通列車は10:34発の922D滝川行きとなる。あくまでも旭川におけるJRは長距離移動の時に使うもののようだ。

↑一方で「食べマルシェ」開催の反対側は、”自然公園”になっていた。駅舎挟んで南北でこんなにも違う駅は、あまり見かけない。

↑自動改札機に「北海道フリーパス」を投入。自動改札機設置の最北端駅だったりする。札幌行きの特急は2列車とまっており、8:30発の「カムイ12号」は789系1000番台HL1007編成。反対側には9:00発の「ライラック14号」(789系0番台)もすでに乗車出来た。

★指定席・自由席とも空席が目立つオホーツク1号。旭川~伊香牛は平坦なためスピードが出る

「オホーツク1号」で指定されたのは3号車の3番A席。後ろ寄り(札幌方)に並べばいい事になる。それでも乗務員交代等により8:32~8:35まで止まる事になっているので、旭川での撮影にも多少余裕がある。

↑旭川までのお客も少なくない。逆に旭川から乗るお客もいるが、到着から1分もすれば人の流れは途切れる。「どうみても373系にしか見えない。気動車にした373系」といつも思ってしまう。違いは青をアクセントとした色くらいか。

↑座席はマクラ付きのJR北海道標準の指定席。国鉄時代からあるタイプの座席は自由席車に搭載されているが、この列車のキハ183-4555がそれなのか?未確認のため不明。

キハ182-7555は10番席以降は自由席扱いのため、自由席利用でも”マクラ付き指定席”に着席可能。特に指定席と自由席の仕切り板がなくて、単にマクラカバーに「指定席ReservedSeat」とあるだけ。それがなければ自由席である。やり方としてはJR四国の特急と同じだ。

さて利用状況だが、「かなり混雑する」・・・と思いきや、3号車には7人だけ(自由席を含めて)、4号車もパッと見で10~15人程度に留まる。ほとんどが空席であった。

旭川発車直後に自動放送。エゾシカ等の野生動物出没により急停車する事、本来は停車する丸瀬布(A49)には止まらない旨が強調。国鉄型=車掌によるマイク放送のみではないのが、JR北海道の特急。客席とデッキの仕切りドアも自動開閉。つまり、新型の特急(キハ261系やキハ283系)と同じレベルに改造されており、やっている事は近鉄特急と似たような所があった。

JR北海道の特急、近鉄特急とも古い車両を今の時代に合ったように改造しているものの、いわゆる「魔改造」になっていないのが特徴で、両者とも予算の都合もあるのだろうが、魔改造するようであれば「この車両の役目は終了した」と判断して廃車にしているのだろう。特に近鉄はこの方針だ。

しばらくは宗谷線を通り、新旭川(A30)で分岐。正確にはここからが石北線である。石北線内では95km/hでノッチオフ。伊香牛(A37)までは平坦なため比較的速度が出る。キハ182-7555は平成27年(2015年)に五稜郭車両所で改造された旨のプレートが記されている。

↑南永山(A31)~東旭川(A32)

↑北日ノ出(A33)~桜岡(A34)

↑将軍山(A36)~伊香牛(A37)

↑愛別(A38)~中愛別(A39)

愛別の手前から登り+曲線で速度が落ちた。ここからが本格的な”登山区間”になる。足取りも重くなる。伊香牛~愛別は駅間が長く(約6キロ)8:59に通過。1駅間がかなり長く感じた。

↑案足間(あんたろま・A41)で、札幌行きの特急「オホーツク2号」と交換。相手側を待たせて、こちらはあっさりと通過。

↑上川駅(A43)

東雲(A42)は立派な板切れ。上川到着時に自動放送。車掌が案内改めてマイクで放送する必要がないほど、自動放送が充実しているのがJR北海道。大きな荷物を持ったお客が10人程度下車して、5人程度が乗ってきた。主に観光客で地元の人の利用はほとんど見られない。

71Dの運用がどうなっているのか?と思って時刻表を確認すると恐らく下記のようになっているのだろう。

札幌71D(オホーツク1号)→網走84D(大雪4号)→旭川83D(大雪3号)→網走で㋵(停泊)→翌朝72D(オホーツク2号)→札幌へ戻る

札幌73D(オホーツク3号)→網走で㋵(停泊)→翌朝82D(大雪2号)→旭川81D(大雪1号)→網走74D(オホーツク4号)→札幌へ戻る

石北線特急の運用数は私の予想では、上記2運用しかなく、少ない車両数で回している事になる。これが石北線の、JR北海道の厳しい台所事情なのか・・・と思い知らされた。

8回目に続く

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。