【会った事がないのでそう思うが】鉄子(鉄道が好きな女子)は本当に居るのか?

広告
広告
広告

★鉄子(鉄道が好きな女性)は本当に居るのか?と思う今日この頃


鉄道が好きな女性の事を「鉄子」と言う。確かに鉄道が好きな女性は居る事には居る。ネットで「鉄子」と検索すれば、乗っている時、撮っている時、撮った時の作品(写真や動画)等のブログ等が出て来る。

広告
広告

↑この写真はイメージであるが、だいたい鉄道を対象に撮影しているのは圧倒的に男性が多い。

少なくても現場で”バズーカ砲”(高価なカメラを持った撮り鉄の事)を構えている人の中で女性は98%くらいの確率で見た事がない。

女性が鉄道を撮影している人が居ない事はない。一応居る。

↑この写真は2018年10月13日(土)に長野~軽井沢で運行した「信越線130周年記念号」の長野駅発車前の様子。ご覧のとおり鉄子と思われる女性も来て、189系N102編成を撮影。インスタ映えを狙ったのか?ナント!特製のショートケーキを持ってきて「信越線130周年おめでとう」と書いたプレートやロウソクに見立てたもの(当然火は付けていない)もあるほど。ここまで来たら、単なる”通りすがりの女性”ではなくて、真面目に鉄道が好きな女性と言って、ほぼ間違えないはず!だ。

私としては、ショートケーキと189系を重ねて写真撮影=SNSやブログ等のネットに投稿しているはずで、その記事とか書き込みを見てみたい!と思う今日この頃。ご存じの方がいたらご一報をよろしく!

しかし、それは男性同様の鉄道趣味(鉄道ファン)なのか?旅行の延長なのか?インスタ映えするためにやっているのか?見た感じではよくわからない。

なぜならば”バズーカ砲”ではなくて、スマホやコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)がほとんど。上記写真の女性も撮影機材はスマホかコンデジであった。少なくても上記写真の現場でも”バズーカ砲”を持った女性は見かけなかった。

鉄道を題材とする若手の女性写真家も居て、当然現場では”バズーカ砲”で撮影しているが、少なくてもこの手の女性を私は現場では見た事がない。

私が思うには、男性と女性が鉄道趣味を一緒に楽しむと言うのは、テレビや雑誌の企画、夫婦である場合を除いてほとんどないように思う。 私もそうであるが、あくまでも鉄道趣味を楽しむは単独行動が圧倒的多数で、複数行動する場合も同性で楽しむのがほとんどではないか? それをブログや動画に投稿して、自分の存在を世間にアピールして、そこでカネ稼ぎもすると言うわけだ。

★同じ鉄道ファンでも、男性と女性では楽しみ方も違う。少なくても女性は男性的な鉄道の楽しみ方をしない

女性の場合、男性とは違って「ガチな鉄ヲタ」が少ないと言うか、皆無だと思う。 例えば、静岡~京都を「青春18きっぷ」だけで日帰り往復する旅行をする場合。

男性ならば京都観光する事をメインにしていない。単純に東海道線で往復ではなくて、ここに関西線や草津線、奈良線経由で乗り進んで、京都市内では地下鉄や京阪、嵐電、叡電にもプラス乗る・・・と朝から晩まで”タップリ鉄道漬け”である。

これが女性ならばこういう乗り方をする人はほとんどいないと思う。あくまでも東海道線で往復して、限られた時間で京都市内を観光。世界遺産の寺院や人気店でランチをして、そこへの”移動手段”として地下鉄や京阪、嵐電、叡電にも乗る。目的地が全てJR沿線ならばJRだけしか乗らないと言う、実に”生産性が高い乗り鉄”なのだ。

すなわち、女性と男性では鉄道趣味の楽しみ方が根底から違う。そこで知り合った男女と言うのも少ないと思う。 むしろ、女性は鉄道趣味を広く公表しない事が多いので、”隠れファン”的な人が極めて多いような気がする。


★結婚、出産後に鉄道ファンになる女性(子鉄)も少なくない

ではなんで女性が鉄道趣味を始めるのようになったのか?と言う話になる。それは、女性がなぜクルマやバイクが好きなのか?と同じ理由である。 独身女性が鉄道趣味になる理由はだいたい以下のような事。

◆就職先が鉄道関係であった

◆元々旅行が趣味で、旅行で鉄道利用しているうちに好きなった

これが結婚した後であれば以下の理由も加わる

◆旦那や子供が鉄道が好きで、一緒に付いて行くうちに自分も好きになった

むしろ、私が見るには結婚後に鉄子に化けたケース、いわゆる「子鉄」になる事が多いと思う。

下記のような条件に該当する女性は、ほとんど居ないと思う。

◆結婚、出産経験がいずれもない事

◆年齢が40歳以下である事

◆就職先や職業が鉄道関係や旅行関係に一度も就業した事がない事、または親族にそれらに就業している人が居ない事

◆学生時代に鉄道や旅行等の学問や資格を習得していない事

もしこの条件全てに該当する女性が居たら、是非ご連絡を!

この条件、男性ならばいくらでも居る。

しかし、この条件全てが当てはまる女性はほとんど居ない(私の予想では0人)だと思っている。 「何をキッカケに鉄道が好きになったんだよ?!」と聴いてやりたい。

ここで年齢制限を付けたのは1つのポイント。40歳以上になってくれば世間の見え方はもっと広くなるし、今まで興味がなかった世界について知る事も増えるので、それをキッカケに好きになるケースがあるため40歳以上は除外したのである。

・・・私の実感として、鉄子と言うのは本当は存在せず、表面的に鉄道が好きな人が鉄道が好きである事を称しているだけで、部屋に鉄道グッズを飾ったり、スマホのカバーが鉄道関係(三江線の車内で1回だけ見た事があるが)と言う女性は居ても、「ガチなレベル」ではないような気がする。

いわゆる”筋金入り鉄道ファン”が女性には居ないと。

もし、そういう女性が居れば鉄道の話をしてみたい。当ブログへのブックマーク(読者登録・定期購読)もよろしく!と図々しいお願いも。当ブログの読者層は男性が7割ほどと言うデータがあるので、女性の読者も増やしたいし、新ブログ(KH8000ショー)にしたので、いろんな人とブログを通じて交流を図りたいとも思っているためだ。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

4件のフィードバック

  1. 旅一郎 より:

    この記事、前も見た事があると思いますが、デジャブ?

    • KH8000 より:

      アメブロからの移行記事なので。アメブロ側では削除して、こちらでは再編集の上で公開しています。
      ところで、「旅一郎」と言う名前はYouTubeでよく国鉄末期の動画を投稿されており、時々視聴しますがあなたですか?
      人違いだったら失礼。

      • 旅一郎 より:

        その旅一郎です。ご覧いただきありがとうございます。
        おしゃる本当に鉄道が好きで話してみたいと思う女性は、元鉄道ジャーナル社員の鍋倉紀子さんがいます。

  2. KH8000 より:

    やはりそうでしたか。国鉄時代の貴重な動画を見る事が出来て大変良い勉強になっています。
    鍋倉紀子さんは「鉄道ジャーナル」で今も連載があります。独特の文章を書く人で、男の視点ではわからない女性ならでは視点で著しているのが面白い所。
    何者?と長年思っていましたが、元鉄道ジャーナル社の社員でしたか。今はフリーライター?のような感じがします。(細かく調べていないのでわかりませんが)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。